blog

着陸に向けて滑空

category : 日記・記録 tags : posted :

してんのかなあ。という感じで、スローペースに過ごしています。

アイルランドからヨーロッパ大陸に移動してからなんか心身ともに不調になり、駆け込み乗車・大切な品の紛失・予約したバスが私を置いて発車など、最悪のイベントが続き、見たくないと思いながらベルリン郊外のザクセンハウゼン強制収容所跡地と、ポーランド・オシフェンチムのアウシュビッツ・ビルゲナウ強制収容所跡地の博物館を見学しました。西洋美術に端をなす現代アートを専門にしているのにその西洋美術の実物を本場で見たことがないから遊学してくる、と、この旅を親族に説明して回ったのですが、目的とは裏腹に、芸術は無力なのではないか……という疑いを抱き始め、ユダヤ教のシナゴーグ(礼拝所)やキリスト教会の建築・美術作品ばかり見学しています。なーにが美術だクソ、という、いままでに感じたことのない想念を抱いています。芸術や学問という道具を手にしても、それを使う人間は無力で、バカで、21世紀になっても我々がこの程度のおつむしかないなら、教義という倫理観によって個人が管理されていた時代のほうがマシだったでしょう。しかし我々(自分が無神論者だと思っている、宗教など胡散臭いと思っている、おおかたの日本人)は、アブラハムの宗教のような万物を見定め裁く大いなる神をもう手放していて、国家神道の神には倫理規範がなく(以前国家神道についての記事を書きかけたんですが、日本人に怒られそうだったので非公開にしています)(「お天道様が見ている」という言い方でかろうじて自律ができるか)、日本の仏教は「禅」の精神まではいいところまでいったのに、廃仏毀釈などで無力化されました。また怒られそうだなこの記事は、と思いながらクラクフのカフェで書いています。「的外れな非難を避けるために、個人サイトではなくnoteなどのサービスで記事を有料公開にしては?(なにがなんでも文句を言いたいだけの暇人は有料記事を読まない)」というアドバイスも頂いたので今後検討します。外部サービスといえば、サイト内に置いてあるweb拍手を「マシュマロ」というサービスに変更しようと考えています。マシュマロは品質の低い投稿をAIが学習して、受信しないようになっているメッセージサービスです。せっかくAIの学習データがあるなら使わないと損ですから、と11月以降に変更しようと思います。

話を戻すと……

そう、いまはクラクフ(6ヶ国目・ポーランド)で、今夜ウィーン(7ヶ国目・オーストリア)行きの夜行列車に乗り、ウィーンの空港からマルタ(8ヶ国目)に飛び、ゴールです。着陸の滑走路が視界の先に見えています。

旅の慰安旅行のつもりで(旅の慰安旅行という旅!)10月末(10/22-26)に友人を訪ねて札幌旅行することになりました。北海道は13年振りになるかな。私が友人に、寿司・和食・畳・温泉を頼み、旅程は全部友人に組んで貰いました。どなたかが、リゾート旅行は不快感を極力減らすことが目的だが、海外一人旅とは不安が本質である、と仰っていました。私は上記にあげた大事故以外、不安なく過ごせていてありがたい限りです。ただ帰国というか、帰宅はまだまだ先なので、エピローグ気分に浸らず、今夜も気を引き締めて安全に過ごしたいです。

マルタはきっと綺麗ですよ。

Author : 山川 夜高

libsy 管理人。DTP・webデザインを中心とした文化的何でも屋。
このサイトでは自作品(小説・美術作品)の発表と成果物の紹介をしています。blogではDTP等のTIPSを中心に自由研究を掲載しています。
お問合わせは contact からお気軽に。

twitter @mtn_river
広告 (SPONSORED LINK)
広告 (SPONSORED LINK)

PAGE TOP