blog › category: 創作

画像:00:00:00 - Drive to Pluto

架空のロックバンド Drive to Pluto と SIGNALREDS の設定を整備しました。

『Drive to Pluto』
架空のロックバンドの「逸話」を綴る小説シリーズ。1997年〜2006年に活動したロックバンド「Drive to Pluto」とその周辺人物を描く。

🎸Drive to Pluto: 東京拠点3ピース ポストロックバンド

🎸SIGNALREDS: 京都→東京拠点4ピース+サポート オルタナティブロックバンド

 

『Drive to Pluto』の小説ページはこちらです。

Drive to Pluto

Drive to Pluto

 

Twitter上で見たい方はここからはじまるツリーをご覧ください。

続きを読む
画像:His Other Lives

架空のロックバンド Drive to Pluto の小説を更新しました。
今回は京都出身のバンド SIGNALREDS が登場する回です。

 

1. 更新:『別の人生』

2001年の夏、田邊は先輩ロックバンドSIGNALREDSのドラマー・古屋から、古屋夫婦の赤子がいる家に招待される。そこで彼が封じ込めていた感情が呼び覚まされる。

“演奏中に足を取られて致命的な失敗を犯さないように、徳仁はあらゆる「雑念」を人生から注意深く排斥したはずだった。”

別の人生|https://libsy.net/dtp/his-other-lives

 

引き続き2001年の物語です。2001年は『She Sells Sea Shells by the Seashore』といい『she/see/sea』レコーディングといい忙しいんです。(えっ20年前!?)

今回は演奏のない日常会です。

 

2. 加筆修正:『ノート / コード』

1998年、下北沢のライヴハウスの企画でSIGNALREDSと出会った後日のこと。SIGNALREDSボーカル・小澤に呼び出された秋山と、小澤を呼び出す青野の話。

“金髪の少年には似合わない、ぼやけた、ピアノジャズが、真昼でも薄暗いカフェー店内の静寂の隙間に流れている。”

ノート / コード|https://libsy.net/dtp/note-code

 

今回のアップデートにより小澤の京都弁が濃くなりました。こちらもよろしくどうぞ。

 

また、Drive to Pluto と SIGNALREDS の設定を画像にしました。Twitterにはupしましたが、これは次の記事にまとめておきます。

 

以下は『別の人生』のあとがきです。前回の『BlueWall / 降霊術』のあとがきよりは書くことがないので、制作中に聴いていた曲などを紹介しています。作品の読了後によろしければお楽しみください。

続きを読む

更新:Drive to Pluto『BlueWall / 降霊術』

category : 創作 tags : posted :
Drive to Pluto 『BlueWall / 降霊術』

架空のロックバンドDrive to Plutoの3rdアルバム『she/see/sea』のレコーディング風景と、リリースライブに対する架空の4000字インタビュー。

「顔を上げると、締め切られたガラス戸の向こうでふたりはまだ議論を重ねていた。」

BlueWall / 降霊術 | libsy.net/dtp/bluewall

 

架空のロックバンドの架空の4000字インタビューを掲載した架空の紙面を作りました。架空の3rdアルバムの収録曲リストと、架空のリリースツアーが開催される架空のライブハウスおよび架空のセットリストも掲載しています。

架空のバンドの架空のライブグッズ(バンドTシャツなど)はこちらのストアから購入できます。

https://www.ttrinity.jp/shop/libsy/collection/13445

 

お久しぶりの新作です。

元々はもっと長い連作の1シーンにするつもりでしたが、キリが良かったのでこのシーンだけで切り取ってインタビューの文章と紙面のデザインを添えました。

追記:以下に本作『BlueWall / 降霊術』のあとがきを追記しました。

続きを読む
2021/5/16(日)第三十二回文学フリマ東京「コ-02・シーサイドブックス」で出店します

2021/5/16(日) 第三十二回文学フリマ東京に出店します。

開催情報

日時:2021年05月16日(日) 12:00〜17:00
会場:東京流通センター 第一展示場 (会場アクセスを見る)
入場料:無料

 

COVID-19感染予防のための諸注意

来場する方は必ず文学フリマ事務局の案内を確認し、事務局の指示に従ってください。来場者入れ替え制、マスクの着用、COVID-19接触確認アプリについて等の指示があります。詳細は公式Webサイトをご覧ください。

【重要】5/16(日)第三十二回文学フリマ東京は開催いたします

 

出店情報

サークル:シーサイドブックス
配置番号:コ-02(小説|その他) 入場して右手のお誕生日席です。

 

販売する作品は文学フリマのWebカタログまたは山川のTwitterをご覧ください。

文学フリマWebカタログ・コ-02「シーサイドブックス」

 

「少女こなごな」委託販売

当日は小町紗良さんの新作短編集『さめざめと泣く少女』を委託販売します。ぜひ会場を回ってみてください。

コ-02 シーサイドブックス:短編集『さめざめと泣く少女』
カ-13 呼吸書房:児童文学風長編『メリー・ハッピーエンド』

第三十二回文学フリマ東京「少女こなごな」委託先MAP 第三十二回文学フリマ東京「少女こなごな」委託先サークルMAP

 

通販のご案内

会場に行けない方は通販をご利用いただけます。

書籍の通販をこちらから受け付けております。(BOOTH を利用しています)

会場で会える方も、ご都合が悪い方も、行かない決断をされた方も、皆様どうかお元気でお過ごしください。

 

広告 (SPONSORED LINK)

PAGE TOP