blog

VS アヒル(大損)

……全くチェックしていなかったピンクのアヒルでした!

バスター号は大幅に遅れて最下位。そんなー。

ピンクのアヒルに bet したお客さんは記念品のハンドタオルをもらっていました。っていうかお金かえってこないんですね。完全に賭けレースということか……

ところで、あとになって見るとピンクのアヒルは他のアヒルよりも毛並みがつやつや・丸々としていた……ように思えた。最下位の赤アヒルの毛並みは他よりバサバサだった。のぼりべつクマ牧場でアヒルレースに挑戦する際は、アヒルのコンディションは毛並みで測れるかもしれない。アヒルだけど、カモしれない。カモられたのは我々でしたが。


VS 「プ」

クマ牧場の外れに、アイヌコタン(集落)の再現がある。夏季にも民家の見学や、アイヌ民族の衣装のレンタルもできるそうだ。

アイヌ語で「プ」と呼ばれる高床式倉庫が復元展示されていた。

撮影:ルチアナ

鼠は絶対に入いる事は出来ません

鼠は絶対に入いる事は出来ません

鼠は絶対に入いる事は出来ませんですって?

本当に〜〜?? 撮影:ルチアナ

本当に〜〜?? 撮影:ルチアナ

本当かな〜??? 撮影:ルチアナ

本当かな〜??? 撮影:ルチアナ

展示用なので中身は空。押し入るメリットはなかったけど、ねずみちゃんの辛勝。


VS エゾリス

アイヌコタンの奥では、エゾリスの飼育展示をしている。

最強のげっ歯類を決めよう 撮影:ルチアナ

最強のげっ歯類を決めよう 撮影:ルチアナ

エゾリス 撮影:ルチアナ

エゾリス 撮影:ルチアナ

エゾリスは札幌の住宅地でふつうに見かけられるので、なんの物珍しさもありません。

撮影:ルチアナ

撮影:ルチアナ

そんなことより、さっきから樹上を見上げて耳を澄ませているのに、シマエナガが見つからない。なんで……徹頭徹尾、本命はシマエナガなのに……

登別でとうとう「あの鳥」に出会う

1 2 3 4

Author : 山川 夜高

libsy 管理人。DTP・webデザインを中心とした文化的何でも屋。
このサイトでは自作品(小説・美術作品)の発表と成果物の紹介をしています。blogではDTP等のTIPSを中心に自由研究を掲載しています。
お問合わせは contact からお気軽に。

twitter @mtn_river
広告 (SPONSORED LINK)
広告 (SPONSORED LINK)

PAGE TOP