blog › category: 当サイトの運営

マルタ・ゴゾ島の猫。


ツイッターにはいろいろ書きましたが、特に何事もなく帰国しました。このサイトやツイッターで見守ってくださりありがとうございました。

で、明日から5日間札幌に遊びに行きます。これは現地の友人を訪ねつつ、美味しい海鮮料理とか(海外にはない和食!!!東京よりも美味い寿司!!!!)温泉とか(海外にはない湯船!!!!!)を楽しむ、こちらのほうがマルタ島なんかよりも「リゾート」目的です。あと紅葉も見られるみたい。

そんなこんなで帰国1週間後の明日、再び成田に向かいます。自宅(都内)〜成田のほうが成田〜千歳間よりも遠いので、みちのり・じかん・はやさが狂っているように思います。

10月末までは旅人気分で過ごしています。本格的な業務再開は11月1日を予定しています。現在休止している通販は、送料変更など諸々の調整が必要なため、11月中旬〜遅くとも12月1日までの再開を予定しています。
また11/25の文学フリマ東京では、一部の作品が委託販売されます。こちらも追ってお知らせします。

さっき口座残高を見たら、出発前の1/3に減っていました。11月からバリバリ働きたいです。働くよ! 仕事ください!!

続きを読む

1. 書籍通販休止のお知らせ+発送方法の変更の予告

いつもご愛顧ありがとうございます。

都合により、7月下旬から、シーサイドブックスによる書籍通販 の受付をしばらく休止します。何卒ご容赦くださいますよう、宜しくお願い申し上げます。

  • 2018年7月16日(月祝)終日までのご注文を承ります。7月17日以降は通販受付を休止し、webサイト上では品切れとさせていただきます。
  • 再開は2018年12月を予定しています。前後する可能性もありますので、続報をお待ちください。
  • 通販休止の対象となる商品は、シーサイドブックス (https://libsy.booth.pm) 内の自宅発送の作品(=紙の書籍)です。
  • 自宅発送ではない作品(下記)は取り扱いを継続します。
通販休止の対象作品(枠内)

通販再開後は、発送方法を従来の自宅発送からあんしんboothパック」という匿名発送サービスに変更する予定です。
現在の書籍通販価格は、自宅からの発送料・梱包料込みの価格設定になっています。あんしんboothパックへの切り替えで、一部の作品価格の見直しを行います。

一時休止と発送方法の変更により、ご不便をおかけいたします。何卒宜しくお願いいたします。お求め忘れの作品がありましたら、ぜひ7月16日までに通販をご利用くださいませ。


2. Tシャツ新色を追加しました

新色の白を追加しました。他のTシャツは原価の都合でリアルなバンT価格(参考:前回記事)ですが、白Tシャツへの印刷は原価が低く、1枚2000円に抑えられました。

ちなみにこの白Tが1枚売れると、私が菓子パンを1個買えます。

これからの時期、なにかと入り用になる白Tシャツです。ぜひお求めください。

Tシャツトリニティ (https://www.ttrinity.jp/shop/libsy/) での通販は、7月17日(火)以降も継続して承ります。


今後とも山川夜高の作品を宜しくお願いいたします。

2/9返信

category : 返信 tags : posted :

山川さんこんにちは
岡本太郎についての曖昧な質問への返事とても読み応えがありました。(後略)

2018/02/09

こんにちは。はじめて労いをいただき、大変嬉しいです。

続きを読む

山川さんは、岡本太郎さんをどう思いますか?
岡本太郎さんは、自分の職業を人間だと言ったらしいですが、山川さんはどう思いますか?

2017/01/09

お世話様です。質問コーナーに大幅に時間を取られている気がします。友人には「ファ○通のお便りコーナー」とまで呼ばれてしまいました。おもしろラジオDJじゃないんですよ私は。

質問者がわざわざ回答者に私を選んで質問を寄せてくださっているからには、私も独自の回答をしたいとは思うのですが、それにしても守備範囲の斜め上(下? 横?)の質問で困りました。そして回答にも滅茶苦茶時間がかかりました。

平たく言えば「どうって、どうも思わねえよ……」としか回答できません。好意もなければ憎悪や蔑視もなく、その他の感情もありません。特別なにも思わないのです。

 

ただ、回答に窮したのは、私が岡本太郎について無知だからでもあります。これも勉強の機会だと思いますので、岡本太郎について調べたことや所感をまとめます。

調べ物は下記の順序で行いました。2と3は平行しています。

  1. とりあえず私があらかじめ持っていた知識+インターネット検索で出てくるような知識で書く
  2. 美術館や博物館で、作品・資料の実物を見る
  3. 関連書籍・岡本太郎著書を読む

そして、これは岡本太郎に限ったことではなく、あらゆる内容に対してですが、「どう思いますか」という漠然とした問いの立て方に対しては「どうも思わない」としか答えられません。

続きを読む
広告 (SPONSORED LINK)

PAGE TOP