Drive to Pluto

Episodes「架空のロックバンドの記録」

Before
1997.07

ミッドナイト・ヘッドライト

時は1997年七夕。上京者の「俺」は都市の風景とロックに魅了され、その友達は遠距離恋愛に右往左往。奇妙なバンド「ネコマイゴ」に出会ったことから彼らの人生は転がり始める。19歳音楽バカたちのラブとロックの行方はいかに?
初出 : 2015.11.01 多摩美文芸部OB会誌『あげぱん』掲載
1998.08

flat

1年後の8月某日。故郷「平らな町」に遊びに行った彼らは、白黒猫のユキちゃんと過去の友達、そして自分たち自身を飼いならす怪物に出会う。
※ パスワードは『あげぱん』に掲載されています
初出 : 2015.11.01 書き下ろし(PWつき公開) / 2017.09.05 加筆修正
1997

フラジェル

バンド結成前後、ネコマイゴ組の平日。ハウリングする過去のお話。
初出 : 2016.01.30 website
1998.10

ノート / コード

ライヴハウスの企画フェスで出会った後日、SIGNALREDSボーカル・小澤に呼び出された秋山と青野の話。
初出 : 2016.01.30 website / 2017.09.05 加筆修正
1999.05

Fortuna Theatre

1999年5月、ダメ大学生の間ではタロットカードを用いた賭けゲームが密かに流行していた。連勝を重ねる青野理史のもとに、火星の衛星フォボスとその妹を名乗る兄妹が現れる。「いっしょに映画を観ましょう」と謎の兄妹に連れて行かれた青野は、校内の空き部屋を改造した地下映画館を訪れる。
初出 : 2017.05.07 書き下ろし
2000.03

Without Your Sound

2000年3月、さえない写真小僧・毛利信護は一風変わった音楽レーベル・ファイネッジレコーズの事務バイトに就労する。事務所内はとっ散らかってきったなく、変なあだ名を付けられたうえ、おっかねえ所属ミュージシャンに勘違いからいちゃもんをつけられてしまう。果たしてゴミの日までに分別は間に合うのか。そして事務所で飼ってる猫は毛利に懐いてくれるのか。
初出 : 2016.05.07 website
last update  :    Without Your Sound
to be continued..

このページは、web小説これは物語ではない作中に登場する
架空のロックバンド Drive to Pluto の逸話(小説・物語・挿話)や関連商品を掲載しています。

閲覧にあたり、先に『これは物語ではない』act.3 までの読了を推奨します。


Biography
登場人物

Drive to Pluto /// DtP

1997-2006 from Finedge Records
SHOEGAZE / PROGRESSIVE ROCK / POSTROCK / MATHROCK

DtP are
Hijiri AKIYAMA – Vocal / Guitar / Keyboards
Satoshi AONO – Bass / Words
Tokuhito TANABE – Drums / Percussions

All songs by Drive to Pluto

Finedge Records

“The Sun” Taiyo KIBA – Owner
“Mazda” – Cat
“Morse” Shingo MOURI – Photographer


Discography
作品


Goods
グッズ

Tシャツトリニティ(外部サイト) で当時のバンドグッズの復刻版の販売(という体で普通にグッズ販売)を行っています。

もしも楽しんで頂けましたら、ご支援のクリックをお願いします。

PAGE TOP