投稿者: 山川 夜高

匿名で掌編小説を書き、Twitterのアンケート機能を使って作者を当てる企画「第2回ぷちへき企画」に参加しました。

小説による覆面企画です。
指定されたシチュエーションで小説を書き、(中略)
あなたが書いたものを予想してもらいましょう。

お題:目を閉じるシーン

企画趣旨(公式ページ): https://note.com/hikonorgel/n/n900005387a6c

私はEグループで作品を発表しました。作品はTwitterで読むことができます。

めちゃくちゃ得票が偏りましたが、E-1〜E-4のうち私が書いた作品はどれでしょうか?

続きを読む
お題:目を閉じるシーン

Twitter企画「第2回ぷちへき企画」に参加しました

匿名で掌編小説を書き、Twitterのアンケート機能を使って作者を当てる企画「第2回ぷちへき企画」に参加しました。

小説による覆面企画です。
指定されたシチュエーションで小説を書き、(中略)
あなたが書いたものを予想してもらいましょう。

お題:目を閉じるシーン

企画趣旨(公式ページ): https://note.com/hikonorgel/n/n900005387a6c

私はEグループで作品を発表しました。作品はTwitterで読むことができます。

この4作品のうち山川夜高が書いた作品はどれでしょうか?

ヒント(参考作品)

(当ブログを読んでいる方に、私の小説を一切読んだことがない人はあまりいないと思いますが)はじめて私の作品を読む人でも推理できるように、企画の執筆者紹介に参考作品を提出しています

提出した作品は Drive to Pluto です。

特に『ミッドナイト・ヘッドライト』を読めば推理には十分かと思います。

企画に参加する(投票方法)

Twitterのアカウントをお持ちの方は、以下のツイートのアンケート機能から投票できます。

Twitterアカウントをお持ちでない方は、マシュマロ(匿名でのメッセージサービス)などから投書できます。Twitter企画として票数は計上されませんが、読んで頂けたことに私が喜びます。

マシュマロ https://marshmallow-qa.com/mtn_river

回答期限は2/8(月)、翌日2/9(火)にTwitterと当ブログで発表します。

あけましておめでとうございます。本年も宜しくお願いいたします。

年賀状のイラスト(Drive to Pluto)をセブンネットプリントで配信します。
マルチコピー機で以下のプリント予約番号を入力してください。

セブンネットプリント

はがき(60円):C4QG47XX
L判(40円):TAEBL5HZ

プリント期限:2021/01/012021/01/07

はがきプリントは絵柄の周囲5mmに印刷されない余白の領域が追加されます。
L判プリントは用紙の全面に印刷されます。

続きを読む

Web再録:She Sells Sea Shells by the Seashore

category : 創作 tags : posted :

2013年の作品『She Sells Sea Shells by the Seashore』をDrive to Plutoのページにアーカイブしました。

2020/12/21 いくつかの画像が転倒していたので修正しました。

She Sells Sea Shells by the Seashore

She Sells Sea Shells by the Seashore | https://libsy.net/dtp/she-sells

本作は2013年に初版を発行した特殊装丁の小さな冊子『She Sells Sea Shells by the Seashore』をWeb用に再編したものです。
『She Sells~』はランダムな15枚の紙片から成る作品です。
画像をクリック(タップ)するとランダムに1枚の紙片が再生されます。

概要

光に透き通るトレーシングペーパー製の手製本作品。それぞれの紙片に1シーンが綴られている。
全てのページは綴じておらず、ページ番号もなく、読む度に順番はバラバラになり、エピソードは「シャッフル再生」される。

Webアーカイブの経緯

本作は手製本が割としんどいため久しく再販しておらず、今後も再販するか不明のため、今回Web再録という形でアーカイブを公開しました。

本作は「出来事に順番がないこと」「物語がシャッフル再生されること」をテーマとした作品です。Web上でも作品の持つランダム性を保つため、クリック(タップ)するたびにランダムで画像とテキストが表示されるように実装しました。

アーカイブに伴い、作中の誤字の修正・文字組の微調整・奥付のテキストの変更を行いました。

 

作中の舞台は春先〜初夏の爽やかな気候で、今は季節はずれですが、このささやかな紙片たちを楽しんでいただけたら幸いです。

広告 (SPONSORED LINK)

PAGE TOP