She Sells Sea Shells by the Seashore

扉を開けると知らない少女が煙草を吸っていた玄関先。
扉の方に背を向け手すりにひじをつき狭い青空をながめていた。
指ではじかれた灰がぱらぱらと階下へ舞い落ちるのを目撃した。
扉の音で少女は僕に気付いていた。ギターケースを見て尋ねた。怪訝そうに。

「ミュージシャン?」

そうだと僕は頷いた。「きみは?」煙の吐息。「そういうのじゃない」。落下する灰は空中分解したらしい。
エンジェルフォールもそんなんじゃなかったか。僕は、少女がこのマンションの住人ではないことを悟る。

「高い所を見に来たんだ?」
「そう」
「見晴らしは悪いけどね」
「これ以上もこれ以下もないでしょ」
「展望台は」
「あんなの」紫煙。「何も見てないのと一緒」
「電車の方がマシかもしれない。展望台とかよりは見えてる。……生活が」
「一本いる?」
「いや、喉に悪い。ありがと」
「喋り込んでいていいの。ギター弾きに行くんでしょ。遅刻じゃない?」
「そうだね、遅刻だ。あと僕はベーシスト」

舞い落ちる灰。

「灰皿買ってこようか?」
「いらない」
「大気中に君をまき散らしているんだ」
「何それ、詩人?」
「まあ、僕が歌詞を書いてる」
「バンドマン」
「そう」

確かに、時刻が危うい。施錠を確かめ階段を降りる。
地上から見上げると少女は二本目に火をつけた。手を振った。

本作は2013年に初版を発行した特殊装丁の小さな冊子『She Sells Sea Shells by the Seashore』をWeb用に再編したものです。
『She Sells~』はランダムな15枚の紙片から成る作品です。
画像をクリック(タップ)またはこのページを更新するたびに、ランダムに1枚の紙片が再生されます。

‹‹ 前のページに戻る

PAGE TOP