これは物語ではない

 ゴアアアア……(すぐ隣の道路を車が走る)
 ……子どもたちの個性を尊重し、地域に根ざした明るい社会を……(選挙カー)……キキイー、チリンチリン、(手入れの行き届いていないママチャリ)(公園を通学路のショートカットに使う小学生達)

・九時を過ぎると人影はもう現れない。
 ツツツ。ツツ。ツツピ、ピ。ツツピ。ツ、ツツピ。ツーツーピ。ピ。ツツピ。
(ピピッピピッピピッピピッ……これは車のバック。さっきのは四十雀。ゴオオオオ……これは飛行機。ゴアアアア……走行する車。意外にも多い人工音)
 ザアと、ザザア……風にゆれる常緑樹。

(清掃員来る。落葉やら吸殻を掃く、竹箒)ザッ、ザッ、ザッ、ザッザッ。(ふ、と茂みを見る。そこに、中身の入ったビール缶の山。清掃員、いぶかしみつつもそのままにする)
(清掃員が去る頃に猫が来る。黒猫。鳴きもせず、寝そべり、毛づくろい。我が物顔。その後三十分程で猫は去っていく)

・昼過ぎ
(小学生らが帰ってくる。がやがや騒がしい)ランドセル置いたら第四公園集合な……DS持って……男子公園入んないでー。えー、何で? その公園お化け出るんだよー。そうそうウチも見た。女子嘘つくなよ。え、おれの兄ちゃんも見たって。……
(遊具も少なく、何かじめっとしている、その公園を好んで遊ぶ子はほとんど居ない)

・猫の周回、人の周回を終え、次は鳥の周回
 ピィーヨ、チュクリジュン。ピ――ヨ。ピィ――ヨ。
 ツッピ、ジリリリ。……ギーイ。ギイギイギイ。……ツッピ。
 デュエンデュエンデュエン。ギューイッチチ。ギィユーイ。ギューイッチッチ。
 カアッ、カア、カア、カア。……。

・風は強く、小枝、窓ガラスを揺り動かす。

・風はつめたい。
 チイ、チイ、チイ……。

・遠くの、ビルの角に、夕陽が朱くまぶしく沈んでゆく。
 ガサッ(枯葉を踏んだ鳩。小枝に棲まうメジロ)

・気付けば電灯が点っている。等間隔、音も無く。
 ヒヨドリが一羽、ピッと鳴いて飛んで行く。
・人は寝ぐらへ。猫も寝ぐらへ。鳥も寝ぐらへ。
・そうして公園は、本当の本当に無人になる。

PAGE TOP

掲載作品はフィクションであり、実在の人物・地名・団体などとの関係はありません。 Copyright©2012-2020 Yodaka YAMAKAWA All Rights Reserved.